重合カテキンの特徴と効果作用とは?

ダイエットしている人たちの間で国産黒番茶が人気です。

 

そんな人気となっている国産黒番茶の気になる重合カテキンの特徴と効果や作用を調べてみました。

 

 

 

重合カテキンの特徴と効果や作用を調べた結果?

 

国産黒番茶に含まれる重合カテキンとは、国産黒番茶が製造される「超高温スチーム加工」といわれる工程の中でカテキンが複数つくられるわけですが、その複数つくられたカテキン同士がくっつきあって出来たものが重合カテキンといわれています。

 

つまり、重合カテキンは名前そのものから、どんなものなのかの理由が分かりますよね。

 

 

 

本来の緑茶にはカテキンしか含まれていません。

 

カテキンにはカテキンの良さという特徴があります。

 

  • エピカテキン
  • エピガロカテキン
  • エピカテキンガレート
  • エピガロカテキンガレート

 

カテキンの種類には上記に示した4種類ありますが、ポリフェノールの一種で非常に抗酸化作用が高いという特徴があります。

 

つまり、殺菌作用が高いということですね。

 

今はやっているコロナウイルスの抑制作用も見込めるため、こまめに摂取するとかかりにくいや、かかっても比較的症状が軽くなる可能性も高いと思われます。

 

しかし緑茶の取り過ぎは禁物で、ポリフェノールであるカテキンの成分作用が高すぎるため、胃弱的体質の方は胃痛を起こす可能性もありますので、程ほどの接種が良いと思います。

 

 

国産黒番茶に含まれる重合カテキンの本当の作用とは?

国産黒番茶に含まれる重合カテキンは、この緑茶に含まれるカテキンが高温処理される工程で出来る副産物的成分です。

 

  • エピカテキン⇒カテキン
  • エピガロカテキン⇒ガロカテキン
  • エピカテキンガレート⇒カテキンガレート
  • エピガロカテキンガレート⇒ガロカテキンガレート

 

上記のように、緑茶に含まれるカテキンが変化を遂げ産生した成分が「カテキン・ガロカテキン・カテキンがレート・ガロカテキンがレート」になり、本来のカテキン成分の角が取れた状態になり、まろやかで飲みやすくなるのが特徴の成分です。

 

 

また、カテキンが変化したことによって、脂肪分解酵素のリパーゼを抑制する作用によってダイエット効果が備わるのも特徴の一つです。

 

この作用を利用して作られたお茶がウーロン茶やプーアル茶です。

 

 

しかし、国産黒番茶はウーロン茶とプーアル茶の真ん中あたりに位置するお茶で、ウーロン茶に足らないダイエット作用とプーアル茶に足らない殺菌作用の両方があるお茶になっています。

 

 

その国産黒番茶を最安値で購入する方法に、あなたは興味がありませんか?

 

もし興味があるのであれば、こちらの記事を読むと解約方法も一度に分かるので安心して購入できる可能性が高くなりますね。